読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊迷子の治療の記録

不妊治療(男性不妊、着床障害)の記録を、当時書き溜めていたメモをもとに振り返っています。治療の進捗が、そろそろ追いつくかも。

27周期目 お休み周期〜男性不妊の旅〜エスセットクリニック、リプロダクションクリニック大阪へ行く

2014年8月〜9月



8.28〜少しずつ茶オリが増えていく

       茶オリ→ピンクオリ→チョコみたいな出血

       だらだら続く

9.07 鍼灸院 出血終わる

9.14 エスセットクリニックでの検査結果

        他に持ち込めるほどの状態でないと言われる

9.27 リプロダクションクリニック大阪

       夫、静脈瘤の初見ない 精液検査、精巣の硬さ大きさ悪くない

       造精機能が悪いため、顕微でやるしかないとの診断。

       せっかくなので私も診察を受ける



回顧録


流産手術から1週間ほどで仕事に復帰。

夏休みだったので、仕事中は気持ちに余裕を持ちながら過ごせ、流産のことも忘れられ、よい気分転換になっていた。

そして手術から1ヶ月ほどでリセット。日を追うごとに気持ちも身体も回復し、治療を再開することに前向きになっていった。


でも今は治療はお休み。


早く妊娠したいという思いは沸々湧いてくる。じっとしていることができない私は、何もできないのなら、夫の検査をこの辺でもう一度やってみようと、懲りずに行動開始。


通っていたつじクリニックは、クロミッドで効果なければ他にあまり方法はないとのことで、通院をやめていた。DLCも京野も特に薬等はなかったので、この機会に詳しい検査をして、新しい治療法を探してみるのもいいかもしれないと思っていた。


調べると、都内では木場クリニックかエスセットクリニックが、やったことのない検査が受けられそうだった。

電話で確認したところ、エスセットはすぐに予約が取れたので、8月に検査を受けた。

エスセットは提携先のクリニックでなら、採卵の際に精子を使えるとのことだったので、提携先に転院することも考えられるなーーなどと思っていた。


しかし結果はとても厳しいものだった。ここで選別したものを他のクリニックに持っていく間に精子は弱ってしまうだろうと。検査も全行程できなかったと。

新しいやり方に挑戦できると思ったのに。エスセットと提携先で…と考えていたのに。それが難しくなり落胆。


夫は「もう治療したくない」と投げやり。

こっちは流産してるんですけど!

あなたは身を削ってないでしょう!

結果が悪かったくらいで投げ出すな!

と言ってやりたかったけど火に油だと思い、「治療やめたら赤ちゃんは諦めるってことだよ」と冷静に言ってみた。

そしたら「そりゃ分かるけどさあ‼︎」と。…何で逆ギレするかなぁ!(怒)


私も夫も、エスセットクリニックでは妊娠に向けて何も収穫がなかったことを分かっていた。

なので他を当たってみるしかない。DLC、京野、つじと診てもらっているから、それ以上の百戦錬磨の先生に診てもらって納得しよう。それなら男性不妊専門医の石川先生に診てもらおう。すぐに京野に連絡だ!(京野に転院したのに、石川先生の診察を予約することもないままDLCへ出戻ったのでした。もったいないことをしていたなぁ。)

受付に確認すると、

「石川先生は今月いっぱいで本院での診察を終えます。また、今月はもう予約がいっぱいです」

と。。。(;ω;)


仕方ない。木場で検査をしようか…とも思ったが、諦めきれなかったので、勢いでリプロダクションクリニック大阪に予約をしてしまった。

あまりの突飛な行動に、夫は驚いていたが、石川先生に診てもらえるならと、受診を快諾してくれた。


待ちに待ったRCOの初診。

石川先生のお話は、夫も私もすとんと納得できるものだった。


エスセットはそう診断していても、精液は基本凍結しないので心配ない。エコーから静脈瘤はみられない。精液検査、精巣の硬さと大きさからいってもそこまで悪くない。TESEまでいかなくていい。エスセットがいうほどDNAも悪くない。ただ、造精機能が悪い。禁欲期間をできるだけ短くし、顕微をしていくしかない。クロミッドはあまり効果がないので飲まなくてよい。もし何か飲みたければリプロサポートのサプリを飲んでみてもいいかも。でも今気休め程度と考えて。


私も夫も、今まで色々なクリニックで男性不妊外来を受診したが、薬を飲んでも改善しないと、治療がフェードアウトしている感がありました。石川先生に、現在はこの程度しか治療が確立されていないと言われて、もやもやしていた部分が全て納得できた。


そして、せっかく大阪まで来たので私も診察。

松林院長は穏やかな物腰の、とてもお優しそうな方だった。この方があのブログの人かあ〜と有名人を見る気持ちで診察を受ける^_^

経過良好。次周期、採卵できる。採卵は、3日目、10日目、12日目の3回で大丈夫。東京から通っている患者さんはこのスケジュールでやれていますよ、とのこと。


石川先生も松林先生も、「最短で妊娠しましょう」という一貫したものがあった。帰りの新幹線で、「リプロが東京にあればいいのにね」と夫と話していた。(当時はリプロダクションクリニック東京ができるなんて思っていなかったな)

大阪まで通うのはためらっていたが、先生方の姿勢に、RCOに通おうかと気持ちが傾いていた。